前へ
次へ

着物買取では日頃からの保管状態も大切

不要な着物を出来るだけ高い値段で売りたい、という方も多いのではないでしょうか。
手持ちの着物を高い値段で売却するには、売る側の工夫も必要です。
着物買取のポイントを押さえておくことで、通常より高値になることは十分にあります。
その方法のひとつが着物自体の状態であり、着物は正しい方法で保管することが大切です。
着物買取の査定では、アイテムの状態自体も重要なチェックポイントになっています。
例え、伝統があったり人間国宝であったり、また、有名な作家物の着物であっても、その状態が悪いままだとどうでしょうか。
カビやシミ、汚れやホコリだらけのままで買取に出してしまうと再販価値が下がるため、お店ではマイナス査定になります。
また、場合によっては買取自体ができなくなることもあるのです。
着物買取専門店では様々な点をチェックし、最終的な査定価格を付けることになります。
それぞれのお店によってチェックポイントが変わり、査定における状態のチェックでは、主として、着物に予汚れやホコリはないかどうか、たたみジワはないかどうか、また、カビや傷みはなどないかなどです。
着物買取専門店では様々な種類の着物を買取しており、その中には高価買取されるものも少なくありません。
そのように高価買取される人気のあるものとしては「正絹」があり、こちらの種類は湿気に弱い性質を持っています。
そのため桐箪笥にしまい、そのまま放置しておくと、知らない間にシミやカビの温床になりかねません。
保存状態が悪いと着物買取価格にも影響してきますので、これから着物買取を予定している方は日頃から保管に注意しておきましょう。
普段から着物をよく着られている方は、着物の保管に慣れていることもあって、保管ジワが付かないようなたたみ方を心得ている方が多いのですが、着物にあまり馴染みの無い方、行事などの時しか使わないという方は、収納ひとつで状態が変わってきます。
風通しなどにも注意するなど、適切な方法で保管してください。

Page Top